2013.06.18

出版企画プロデュース

2013年6月16日発売 「幸せをつかむ力 ~はじめ塾 80年のキセキ~」
(日本評論社刊/落合篤子(株式会社スーパーサウルス プロデューサー)著)
http://www.nippyo.co.jp/book/6243.html
http://www.amazon.co.jp/dp/4535586497

06243

小田原市で親子三代80年の実績を誇る、奇跡の寄宿塾「はじめ塾」。現小田原市長も学んだ何気ない大家族生活には驚異の哲学が。

プロローグ
 教育の原点を求めて

第1章 はじめ塾の24時間

 1 はじめ塾の朝

  早朝の食事当番──台所が子どもを育てる
  朝の読経──正坐をして自分と向き合う
  掃除──「教える」のではなく「伝える」教育
  朝食──全員そろって食卓を囲む
  学校に行く子どもたちと、行かない子どもたち

 2 はじめ塾の昼
  畑が人を育てる──全力を出し切る農作業の意味

 3 はじめ塾の夜
  台所と食卓──全員で料理を作り、食べる喜び
  はじめ塾の学習──自分で学ぶ姿勢を身につける
  一つ屋根の下で眠る安心

第2章 はじめ塾はこうして問題を解決してきた

 1 塾で芯から生まれ変わる子どもたち

 2 さまざまな問題を乗り越えて

  [ケース1] 不登校の少年が医師になる夢をつかんだ転機
  [ケース2] 学校以外の場所で生き方を見つける
  [ケース3] エリートコースの挫折者が生まれ変わる
  [ケース4] 親を乗り越えていく子どもたち
  [ケース5] さまざまな大人との出会いが人生を変える
  [ケース6] 思春期の母子密着を引き離す
  [ケース7] 発達障がいの子どもを理解する
  [ケース8] 学校で孤立しがちな子どもに寄り添う

 3 はじめ塾の考え方
  子どもたちに「過去」を聞かない
  昼夜逆転生活からの脱出は最初の一歩
  子どもは心で感じてくれる人を求めている
  真に不登校を克服したときに出る言葉

 4 親たちへのアドバイス
  いじめの被害を受けたとき親が打つべき手
  「大切なもの」をこそ手放す

第3章 はじめ塾80年のあゆみ

 1 はじめ塾の誕生
──創始者で初代塾長の重正
  母親公認の不登校
  死を直前にして、花の輝きに魅せられて
  自給自足の寄宿教育
  生きる悩みを抱える若者たちの道しるべとして

 2 子どもたちの生命力とカンを育む教育──二代目塾長・重宏
  寄宿生活教育で生きぬく力を養う
  人生の師との出会い
  教育をするものは百姓をしなさい
  牛の自然放牧に学ぶ
  カンを育てる教育
  子どもたちの変化に寄り添って

 3 アメリカ、ドイツ遊学で人間教育の原点に触れる──三代目塾長・正宏                          
  生活のなかで実体験を積み重ねる
  アメリカ留学でマクロビオティックと出会う
  完全平等主義の学校教育との決別
  ドイツ留学で理想の教育に触れる
  元塾生を伴侶に二人三脚で
  塾生から、頼れるみんなのお母さんへ
  バーチャル時代の子どもたちを育てる

第4章 子どもの「生き抜く力」を育てる

 1 3つの「カン」を育てる

  3歳までに「感」を育てる
  4歳から9歳は「勘」を身につける
  先を読み、問題解決をする「観」
  「自分と向き合う」環境が「観」を育てる

 2 食に学ぶ
  食べる喜びが味覚を育てる
  台所は、もうひとつの学校
  穀物菜食料理と子どもたちの健康

 3 通過儀礼の場を作る
  成長の証を認める
  「大人になる準備講座」

 4 自然と触れあう
  「すきま体験」が養う孤独と自信
  危険と隣り合わせの体験が子どもたちを輝かせる
  素手で命に触れる
  畑は命を学ぶ最高の学校

 5 心と身体を整える
  緩急の呼吸を身につける
  調教教育でこびりついた心のサビを落とす

 6 人と共に生きる力を育む
  一人っ子がきょうだいを体験できる場
  障害を持つ少女が教えてくれたこと
  仲良しグループを作らせない
  調教教育から人格教育へ
  一方的な禁止はしない
  力がある子は力のない子を気遣う

 7 幸せの扉を開く「3つの鍵」

第5章 はじめ塾に学ぶ「親の心得21ヶ条」

[はじめ塾から羽ばたいた人々]
  生きる土台を作り上げてくれた……加藤憲一さん(小田原市長)
  不良少年から夢に向かって……桜井拓海さん(大学生)
  行きづまるたびに、はじめ塾で復活の力を得た……川島真司さん(公務員)
  夢に向かって「今を生きる」……小澤菜穂さん(グラフィックデザイナー)
  人生の坂道を越える……池田真人さん(精神科医)
  はじめ塾が授けてくれた人生の財産……緒川美桜さん(会社員)

刊行に寄せて──和田正宏

あとがき

2011.05.22

出版企画プロデュース

2011年5月19日刊行「45分でわかる! 放射能汚染の基礎知識。」(マガジンハウス/長崎原爆病院院長 朝長万左男著)

45分でわかる! 放射能汚染の基礎知識。 (MAGAZINE HOUSE45MINUTES SERIES # 12) Book 45分でわかる! 放射能汚染の基礎知識。 (MAGAZINE HOUSE45MINUTES SERIES # 12)

著者:朝長 万左男
販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2010.11.28

出版企画プロデュース

2010年12月1日刊行「『自殺志願者』でも立ち直れる」

365日24時間体制で422人を救助した牧師(講談社/藤藪庸一著)

「自殺志願者」でも立ち直れる Book 「自殺志願者」でも立ち直れる

著者:藤藪 庸一
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2009.10.18

出版企画プロデュース

2009年10月20日刊行

「バス水没事故 幸せをくれた10時間」(朝日新聞出版/中島明子著)

バス水没事故 幸せをくれた10時間 Book バス水没事故 幸せをくれた10時間

著者:中島 明子
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2009.08.21

出版企画プロデュース

2009年8月27日刊行

「その夜、妻に最期のキスをした。」(マガジンハウス/横山文野・山口智久著)

その夜、妻に最期のキスをした。 Book その夜、妻に最期のキスをした。

著者:横山 文野,山口 智久
販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2009.03.13

出版企画プロデュース

2009年3月19日刊行

「全盲先生、泣いて笑っていっぱい生きる」(マガジンハウス/新井淑則著)

全盲先生、泣いて笑っていっぱい生きる 全盲先生、泣いて笑っていっぱい生きる

著者:新井 淑則
販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2008.04.21

出版企画プロデュース

2008年4月21日刊行

「18歳の生存者ーJR福知山線事故、被害者大学生の1000日」(双葉社/山下亮輔著)

18歳の生存者―JR福知山線事故、被害者大学生の1000日 Book 18歳の生存者―JR福知山線事故、被害者大学生の1000日

著者:山下 亮輔
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2008.03.09

出版企画プロデュース

2008年3月10日刊行

「リストカット少年、教師になる―25年前、父の虐待にふるえた少年は、アングラ劇団員を経て、社会からはみ出した子どもと一緒に歩み始めた」(双葉社刊/大垣俊輔著)

リストカット少年、教師になる―25年前、父の虐待にふるえた少年は、アングラ劇団員を経て、社会からはみ出した子ど Book リストカット少年、教師になる―25年前、父の虐待にふるえた少年は、アングラ劇団員を経て、社会からはみ出した子ど

著者:大垣 俊輔
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007.09.14

出版企画プロデュース

■07年9月13日刊行

「幸せのある老人ホーム -アナタは御自分の老後に自信を持てますか?」

(扶桑社刊/岩城祐子著)

幸せのある老人ホーム Book 幸せのある老人ホーム

著者:岩城 祐子
販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007.08.20

出版企画プロデュース

■07年8月20日刊行

「たからもの-全盲の夫婦と赤ちゃんの愛の物語」(双葉社刊/立道聡子著)

Takaramono

たからもの―全盲の夫婦と赤ちゃんの愛の物語 たからもの―全盲の夫婦と赤ちゃんの愛の物語

著者:立道 聡子
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 フジテレビ「スーパーニュース」(20070907放送)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー